株ログNEWS

株式や投資に関するニュースや話題を2chのまとめを中心に、「曲げ師」と「ヒヨコ」による会話形式で、楽しくわかりやすく取り上げます。また年ごとの相場や注目された銘柄についてもまとめていきます。

トップページ

「TOKYO AIM市場」と言われてどのような市場か説明できる個人投資家はどれだけいるだろうか。そもそも、この市場のことを知っている人はどのくらいいるだろうか。TOKYO AIM(現・TOKYO PRO Market)は2009年6月に東証のプロ向け市場として開設された市場である。このTOKYO AIM…
>>続きを読む

震災とギリシャ危機、そして円高によって荒れた相場となった2011年。下値模索を続ける相場の中で、このオリンパスは底堅い動きをしていた。医療用の光学機器や顕微鏡で世界最大手の同社は、その高い技術で高い評価をされていた。しかし10月14日、事件が起こる。2011年チャー
>>続きを読む

株式市場が震災で揺れ動く前の2011年の1月、往年のゴミ株であるアイビーダイワ(現プリンシバル)はゴミ株らしく動いていなかった。飲食業をやりながらガス田の採掘をするという疑問符のつく経営。しかもガス田採掘の資金のために株主を財布にして増資を繰り返していた。そんな
>>続きを読む

2011年の株式市場は3月11日の東日本大震災によって急落。東京電力はもちろんのこと、主力銘柄を中心に叩き売られる事態となる。一方で逃げた資金は逃げるだけではなくしっかりと移っていた。それが「復興関連」と呼ばれる銘柄であり、建設や不動産の一部には急騰するものが出
>>続きを読む

2011年初頭、日本の株式市場はアメリカ経済の力強い回復や日銀の追加金融緩和により、上値追いの展開となっていた。東京電力も昨年の大型増資を終えて上昇。武田薬品などと並びディフェンシブ銘柄の中核である同銘柄は、再び投資家の資金を集めだしていた。しかしこの年を境
>>続きを読む

2010年の株式市場は世界景気の緩やかな回復によって上昇する場面もあったが、ギリシャ不安や円高によって乱高下となった。年末ラリーによって1万円を回復した日経は、世界経済の更なる回復によって今年こそ本格的な上昇トレンドに入ることを期待されていた。しかしそんな期待
>>続きを読む

2009年から続く企業による増資ブーム。株券印刷業者の野村HDを中心とした金融セクターのみならず、幅広い企業が増資を行っていた。そして個人投資家、特に高齢の投資家から「資産株」として高い人気を誇っていた東京電力にも、その増資ブームが訪れた。2010年チャート
>>続きを読む
スポンサードリンク