GSユアサ
2008年前半に環境関連として物色された電池関連。その将来性は高く、2009年もテーマとして物色されることとなった。2008年は古河電池が物色の中心だったが、今年は違った。実際にリチウムイオン電池が各社に採用されたGSユアサ。電池関連銘柄の本命が充電を完了し、本格始動しようとしていた。
2009年チャート


【充電完了】
昨年のテーマ物色時に200円から600円まで上昇した株価は年初から下落し、安値383円を付ける。しかし電池関連が今年も再び物色されると、三菱自動車電気自動車「アイ・ミーブ」へ自動車用のリチウムイオン電池を供給している同社へ資金が集中。昨年の古河電池に変わり、電池関連の本命として市場に躍り出た。

【本命】
株価は安値から一本調子で上昇。電池関連の材料が出るたびに急騰し、1228円の高値まで上昇した。その後に急落。さらにこの株価急騰を機会と考えたのか、GSユアサは7月13日に367億円、13%の希薄化となる増資を発表した。

【買い需要】
しかし直前に急落していたこともあって増資による下落は限定的で、むしろこの時期での資金調達は効果的との見方から株価の再上昇につながった。その後株価は一定水準を保ちつつ2009年の相場を終えた。

【関連銘柄】
古河電池、FDK、ステラケミファ

電池関連の本命と言ったらここだ。
2008年に注目され、2009年で本命として躍り出た。
今でも電池関連と言ったら真っ先にここが買われるしな

ボーイング787の件などでもここが話題になりましたよね…
GSユアサの商品は高い評価をされているそうで、
自動車だけでなくいろいろなところで使われていそうですね。

長期的に見て楽しみな企業だ。
それに急騰の時に増資したのも好感が持てる。
株主を財布にせずに、経営をより良くする増資…最高じゃないか

どっかの株券印刷業者とは違いますね…

本当にその通りだ。市場も評価したくらいだからな。
増資が株価の上げ要因になるなんてなかなかないぞ。
他の企業も見習ってほしい増資だ。

それにしても2年連続で大きく物色されるって…
電池関連はすごいですね。
なかなかないんじゃないですか?

確かに2年連続で同じテーマが大相場になるのは珍しいな。
それだけ有望なテーマってことだ。
今後も大いに期待だな