いらん!
TOKYO AIM市場」と言われてどのような市場か説明できる個人投資家はどれだけいるだろうか。そもそも、この市場のことを知っている人はどのくらいいるだろうか。TOKYO AIM(現・TOKYO PRO Market)は2009年6月に東証のプロ向け市場として開設された市場である。このTOKYO AIMの上場第一号がメビオファームだ。

残念ながらクソ株過ぎてチャートはありません。

【クソ株上場】
2011年11月に上場した同社は、新規市場の第一号上場銘柄として注目された。ジャスダックNEOの上場第一号ユビキタスの初値が素晴らしかっただけに初値が期待されたが、まさかの売り気配スタート。その売りは強烈で、寄り付いたのはなんと5営業日後。初値は基準価格1200円に対して驚愕の286円だった。

【爆死上場】
株価は寄り付き後も売りが殺到し、初値286円を一度も上回ることなく下落。2011年の終値は90円と、クソ株どころかゴミ株となってしまった。創薬ベンチャーとして堅実な経営を目指していた同社だが、日本市場最悪のクソ株FOIでさえなしえなかった「爆死上場」となった。

【死んでいる市場】
プロ向け市場として開設されたTOKYO AIM市場だが、2009年6月に開設されたにも関わらず上場第一号が2011年11月という2年半もの間「何も上場していない市場」となっていた時点で失敗だろう。歴史的な爆死銘柄を生み出してしまった事実を見ても、東証の生んだ新たな黒歴史と言っていい。

【関連銘柄】
該当なし

2011年は震災もあったし、知名度的にクソ株のトップは東電だ。
だが株式市場的にはこのメビオファームだな。
FOIに並ぶくらいの黒歴史銘柄だ

これは酷いですねぇ…
1200円の基準価格に対して初値が286円って…
持っている人泣きますよ

プロ向け市場とかいうが、そもそも個人投資家という「カモ」のいない市場で利益が出せるわけがない。プロ同士で潰しあうようなことはしないだろ

そうですね…自分と同じくらいの実力者ばかりの市場より、
格下のプレイヤーがいる市場で取引した方が儲かりますもんね

企業的にはFOIなんかよりいいんだが、上場した市場が悪すぎた。
歴史的クソ株になってしまったのが残念でならない。
まぁこんなクソ市場を作った東証が悪いんだがな。


ちなみにTOKYO AIM市場と同銘柄はどうなったんですか?
市場の名前が変わったりしているそうですが…

TOKYO AIMはわかりやすくTOKYO PRO Market
という名前に変わって、今も市場として存在しているぞ。
メビオファームは2013年6月に上場廃止になった

市場はまだあるんですね…
というかメビオファーム上場廃止ですか!
理由はなんです?倒産ですか?粉飾ですか?

いや、「非上場化して事業を自由に展開するのが望ましい」
というのが理由だそうだ。ただ本当の理由はどうだろうな…
2012年の取引成立が13件しかないとか、この辺が理由だろう。

あぁ…流動性がなかったんですね。
それじゃ上場している意味が薄いですもんね

まぁメビオファームの上場廃止は仕方がないだろうな。
これでTOKYO PRO Marketに上場している企業は二社。
廃棄物処理の新東京グループと食品の五洋食品だ。

あ、まだ上場している企業あるんですね。
メビオファームでまた上場している企業がなくなるかと思いました。
ちょっと安心しました

ただ今後こんなクソ市場に上場する企業が出るかどうか…
新規上場がなければ流動性は低くなり、市場として死ぬ。
いや、もう死んでいるか…東証の黒歴史な市場、そして銘柄だ。