2015
※日経平均 2015年後半のチャート
2015年後半
後半スタート 20,291
安値 16,901
高値 20,952
終値 19,033
結果 -1,258円

年間トータル +1,582円(9.07%)

【7月】

チプラス
3日
・上海株式市場が3週間で29%の暴落
・中国政府、株価対策のため証券会社に2400億円の資金注入を指示
・中国政府、5%以上保有の大株主の株式の売却を制限
8日
・日経平均、中国株の暴落を受け今年最大の下げ幅となる638円の下落
9日
・上海市場に上場する約半分の1600銘柄が取引停止へ
・中国の株式市場の暴落が止まらず、日経は一時600円安の急落、19100円へ
・しかし中国市場の下げ止まりを受けて、日経はプラス浮上で取引終了
13日
・ギリシャの改革案を受け入れを受け、ユーロ圏首脳会議でギリシャ支援が合意
・任天堂の岩田社長が胆管腫瘍で亡くなる、享年55歳
15日
・ギリシャ議会、財政再建案の関連法案を可決
16日
・日経平均は3日続伸で20600円を回復、急落前の水準を取り戻す
・東芝の不正会計問題、3000億円近くの規模に膨らむと報道
20日
東芝の不正会計問題、第三者委員会の調査で1580億円の下方修正が必要と判明
22日
S&P、ギリシャ国債の格付けを二段階引き上げ

7月の当サイト訪問検索ワード
2015年7月

【8月】

日本株の下落
8日
・10日に上場予定だったリッチメディアが架空取引の疑いで上場を取り消し
15日
・日本郵政が11月4日上場との報道が流れる
18日
・東芝、2015年3月期決算が赤字になる見込みと発表、株価は大幅反発
19日
・自民党の武藤議員、「値上がり確実な株」購入を勧誘し4100万円集めて離党
21日
・中国株安やアメリカの利上げ懸念で世界同時株安、NYダウが530ドル安に
24日
・日経平均、世界同時株安を受けて895円安の大暴落、中国市場も8%の下落
・NYダウ、下げ幅が一時1000ドルを超える大暴落(引けは580ドル安)
・日経平均先物の夜間取引、一時現物比1300マイナスの歴史的大暴落を記録
25日
・日経平均、一時260円プラスも、引けは773円マイナスの超絶逝って来い
・中国市場下げ止まらず8%安、約半年振りの300ポイント割れ
・中国人民銀が政策金利を0.25%、預金準備率を0.50%引き下げ。9月6日から
26日
・7日続落中だったアメリカ市場が大幅反発、ダウは619ドル高と2008以来の水準
27日
・9月に上場予定だったネットマーケティングが経営環境の変化を理由に上場を取りやめ
31日
東芝、決算の提出期限を9月7日に延期、夏休みの宿題放棄との声

8月の当サイト訪問検索ワード
2015y09m03d_103619235

【9月】

フォルクスワーゲン
3日
・中国、抗日70周年として軍事パレードを実施
8日
・東芝、延期していた決算発表を開示。
9日
・下落が続いていた日経平均が上昇幅歴代6位の1343円(7.71%)高を記録
・ガンホーが9月16日付けで東証一部へ鞍替え
10日
・日本郵政3社が11月4日に同時上場することが正式に決定
11日
・ソフトバンク株が「MBOによる非上場化を検討していた」との報道を受けて一時急騰
17日
・利上げの是非が注目されたアメリカのFOMC、利上げせず
23日
・フォルクスワーゲンがディーゼル車に排ガス規制を逃れるため不正ソフトウエアを組み込んでいた事が発覚
24日
・VWの株価が2日で30%以上下落し、世界同時株安の引き金に
29日
・第一中央汽船が民事再生法を適応、10月30日付けで上場廃止へ
・日経平均株価、714円の大幅続落で8ヶ月ぶりに1万7000円を割って引ける

9月の当サイト訪問検索ワード
2015y10m28d_014420630

【10月】

マイナンバー
2日
・業績不振が続くワタミ、介護事業を売却
5日
・マイナンバーの通知開始
14日
・三井不動産グループのマンションで虚偽データを使い基礎工事されていたことが判明
・複数の杭が地盤に届いておらず、建物が傾く事態に
・これを受けて三井住友建設が約30%下落
15日
・ファミリーマートとユニーが経営統合
30日
・ハウス食品がカレー屋CoCo壱番屋を買収

10月の当サイト訪問検索ワード
2015年10月

【11月】

日本郵政
4日
・日本郵政3社が上場、3社とも公募価格を上回る初値を付け、かんぽ生命はS高に
・ホンダ、タカタのエアバックを今後一切採用しないと発表、タカタの株価は急落
11日
・三菱重工の手がける国産旅客機MRJが初飛行に成功
13日
・フランスで同時多発テロが発生、130名が死亡
24日
・トルコ軍がロシア空軍機を領空侵犯と判断し撃墜
25日
・旧村上ファンド代表、村上世彰さんが不正な株価操作の疑いで強制捜査を受ける
・旧ライブドア社長、堀江隆文さんが株主訴訟で敗訴
26日
・サハダイヤモンドが謎の急落で前日終値19円に対して一時1円を付ける

11月の当サイト訪問検索ワード
2015年11月

【12月】

いえれん
1日
・日経平均株価、約3ヶ月半ぶりに2万円を回復
3日
・ECB(欧州中央銀行)が追加緩和を実施、ただ市場の予想以下の内容で株価には失望売り
4日
・日経平均株価、ECBの追加緩和の失望を材料に400円を超える下落
・堅調なアメリカの雇用統計が発表され、今月の利上げが確実視される
9日
・国際通貨基金(IMF)が特別引出権(SDR)構成通貨への人民元組み入れを決定
16日
・25日にマザーズ上場予定だったグラフィコ、業績の進捗を考慮して上場を取り消し
17日
・アメリカのFOMCで9年ぶりに利上げが決定、
18日
・日銀、金融緩和の「補完措置」を発表も市場は政策の逐次投入と受け取り失望
21日
・東芝、16年3月期決算予想で純損益を約5500億円の赤字に下方修正
22日
・米マクドナルドが約50%保有する日本マクドナルド株を最大33%売却する事を検討していると報道される
・報道を受けて日本のマクドナルド株は急落
・WTIの原油価格が一時6年10ヶ月ぶりに33ドル台へ
23日
・中国、2016年より人民元の取引時間を大幅延長へ
25日
・2015年最後のIPO一蔵が上場、年間92社(昨年は77社)の上場に
・92社のIPOの内、初値が公募を超えたのは82社(89%)
29日
・日本証券業協会が株式売買の決済期間を2019年中に3営業日から2営業日へ短縮と発表
30日
・大納会、日経平均は19033円で2015年の取引を終了
・19000円台で大納会を迎えるのは19年ぶり
・マザーズ指数は年間で約2.5%下落となり、2年連続の年間マイナス

12月の当サイト訪問検索ワード
2015年12月

※アクセスが多かった記事











日経平均は年間で9%の上昇!
中国の株安前年比マイナスになる場面もあったが…
最後は19年ぶりの19,000円台に乗せて終われた

原油安など、年末にかけて不安要素がいろいろ出てきました
それでも株価は持ち直して追われたのは良かったです
来年に期待が持てますね

年間のパフォーマンスは悪かったが…
新興市場も秋頃から盛り上がりを見せた
来年に弱気な予想が多いからこそ、新興市場には期待したい

終わりよければすべて良しですね
来年は今年よりも安定した上昇になってほしいものです
皆さん1年間お疲れ様でした